京都東ロータリークラブ

奉仕活動・活動紹介

2013年3月3日

社会奉仕フォーラムとして吉田山に桜の植樹をおこないました

福井 晟

3月3日朝、ぞくぞくと大人も子供も元気に吉田神社の広場に集っていただいた。その数120人余。昨夜の小雪まじりもウソのよう。誰がお天気男なのか。吉田山の桜の行事はいつも晴れてくれる。やはり吉田の大神様のおかげだろう。開式のセレモニーもソコソコで参加者は山頂へ。吉田山ではこの日を前に、地元の津田さんをリーダーとされた方々により、穴は掘られ、支柱の杭はしっかりと打ち込まれ、定植される山桜は待っていた。皆んな10本の桜にそれぞれ分れる。リーダーに選ばれた人々は、桜の植え方、幹養生の布の巻き方、縄の締め方、と習い、土や肥料水の遣り方までしっかりと教わる。全員楽しく植込みに精を出し、今年の植樹は無事に終る。

吉田山桜植樹吉田山桜植樹心地よい汗をかき、お茶をのむ。何と気持ちのよい一刻だ。奉仕の醍醐味とはこのことだろう。私は与えられたこの稿で「吉田山の里山を再生する会」で討議された問題点等をご報告して、その責を果たせたい。
まずは、これからも樹を伐り続けて桜ばかりかとの問にはノウ。吉田山は吉田神社の鎮守の森であるから地元の私達は、手入れの出来た森を守りたい。澤井宮司もはっきりと手入れを明言。続いて植樹の為の伐採について心配の声の中に、子供達の安全ばかりが前に出て、子供達の冒険出来る山であっても欲しいし、鳥やクワガタ虫の育つ山をも望みたい。

吉田山桜植樹吉田山桜植樹 となると目の仇のようにナラを伐るのも少し考えなければならないし、紅葉の植樹もあるだろう。昨年からは思い 切って大木が伐られたが、その後始末は大変で、「薪ストーブの会」も遠方から参加していただくことになったが、薪用の木は嬉しいが、小枝や枯葉は余り欲しくないのが本音で、又余りキレイに小枝や枯葉を整理すると山肌が洗われて、雨水により山が荒れ、樹木の栄養不良がおこる。どうやら、山の保全と堆肥にして再利用することが最善の策らしい。幸い京都市の制度助成により堆肥用の袋を散歩道等に置くことを相談し始めているのが現状です。一生懸命桜を植えていただいて今年で53本。しかし水遣りの大変さは格別で、ホースも2台買ってもらってつないだがナカナカ大変。竹中稲荷の参道に植えられた桜でも、地元の女性がよく水遣りしていただいた桜は、遠い所の桜とでは全く成長は別格で大きくなり、片や5本位は枯らしてしまった。嬉しい報告は、手入れされた山の桜の根元には、松の芽が生えてきたのがアチコチで見うけられる。昔は赤松と桜の山と聞いて来た吉田山が蘇ってきたのか。私達の孫達が、吉田山で春は花見、秋は紅葉や松茸狩りと楽しむ姿を天国から眺めたい。

2012年6月1日

京都市美術館へ傘立ての寄贈をしました

社会奉仕委員長 高井 好信

傘立ての寄贈本年度も京都市美術館への備品の寄贈について、美術館からの要望により来館者用傘立てを寄贈することになり、平成24年6月1日60本の傘を立てることの出来るタイプ2台を、別所会長より鉾立美術館副館長さんへ贈呈しました。
京都市美術館では創立80周年を迎え、京都の美術界の中枢に相応しい施設にするためにも大規模な改修をしたいところではあるが、予算の都合上小規模な改修しか出来ないところ、備品の寄贈を戴くことに副館長から感謝の意が表明され、今後も協力を願いたい旨の要望があった。

2012年2月19日

吉田山に桜を!<未来の桜の名所を願って>

社会奉仕委員長 高井 好信

吉田山桜植樹3年前、「紅もゆる丘の花 早緑匂う岸の色・・・」と三校寮歌に謳われ、現在はその姿を留めていない吉田山を再生しようと当時の福井社会奉仕委員長が始められた吉田山に桜の植樹をという奉仕活動を、今年も社会奉仕事業として継続することを計画し、2月19日日曜日午前9時から植樹作業を行いました。
3年前にこの事業を始めてから、吉田山の里山を再生する会という組織を当クラブ社会奉仕委員会担当委員長の主導で組織し、その呼びかけで吉田神社、吉田講社、京都大学農学部研究所、吉田山を美しくする会などの皆さんで、吉田山の清掃から、桜を植樹する場所の木々の伐採・整備を続け、行政が募集した大学と地域との共同作業に対する補助金も得られる活動になってきました。
植樹当日は前日に雪が降り、斜面には雪が少し残る状況でしたが、当クラブ会員24名、会員家族5名、地域住民の方や吉田神社関係者、京都大学の皆さんや京都薪ストーブ友の会の皆さん約70名とそのお子さんたち25名老若男女総勢125名の参加者で、別所会長の開会宣言のあと全員で吉田山に上がり、植樹作業と枯葉や落ち葉の堆積した溝の掃除等山の清掃に汗を流しました。
例年通り西本会員を通じて桜学会より寄贈戴いた山桜をメインに10本の桜の若木を、吉田山の里山を再生する会のメンバーの一人である植木屋さんの指導のもと、前日までに準備した植樹場所に10班に別れて植樹した。大人も子供も満面の笑顔があふれ、楽しそうな歓声が響く1時間半の共同作業でした。植えた桜に水を遣りに来てねと子供たちに声をかけると、嬉しそうに「ウン」と答えてくれました。この子供たちが大きくなったときに吉田山の桜はどんな姿を見せているのか本当に楽しみです。植樹以外の清掃作業では、参加会員の若手(といっても、皆50歳を超えてていますが)が腰痛などを抱えつつ、溝掃除等に敢然と取り掛かっていただき有難うございました。

吉田山桜植樹吉田山桜植樹 山の作業のあと、吉田神社参集殿にて「吉田山の過去・現在・未来」と題して京都大学農学部の深町準教授の主導でグループディスカッション形式のワークショップを開催しました。深町準教授からこの活動の概略説明と本日のワークショップのテーマ説明の後、クラブ会員16名他の参加者約50名を6つのグループにわけ、30分間各々のグループで自由に発言してもらったあとグループごとに内容を発表してもらった。元々は京都市内を一望できたことや五山の送り火も全て観賞することが出来、日常生活の場であった過去のようになっていければいいのにという願いや、木々を伐採することをしなくなって山が暗くなってから、安心して日常生活の場として利用することが難しい現状、子供たちの通学路でもあるこの山を何とか安心して安全に利用できるようにしてもらいたい、また桜だけではなく1年を通じてこの山を楽しめるよう植樹の種類を増やしてほしいなどさまざまな意見が提示され、今後もこの活動を継続してもらいたい希望が提示され、社会奉仕活動が地域と密接につながって来たことの実感を得ることが出来た。また、この活動に薪ストーブの会が参加することにより、伐採した木々の再利用の道が開かれ、昔の里山のように自然と人間の共生関係に近づいた活動となってきた。今後この活動が一層の広がりをもっていくことを願います。ご協力いただいた西本会員、辻尾会員、浦上会員、福井会員、小池会員並びにご参加、ご支援いただいた会員皆様に感謝。

2011年8月1日・8月9日

『ふくしまっ子応援 京・体験プロジェクト』に参加して

小倉 一良

京・体験プロジェクトふくしまっ子応援 京・体験プロジェクトは、東日本大震災により避難所等で生活している福島県の子どもたちを、夏休み中に京都府に招き、京都が世界に誇る文化や最先端の研究に触れてもらうことを目的に、京都府教育委員会が主催した事業でした。
京都東ロータリークラブでは京都大学総合博物館の大野館長より、かねがね親交の深い当クラブの桂会員へ緊急の協力依頼があり、臨時の理事会を開催し事業に参加・協力することとなりました。
全体の事業は7月31日(日)~8月5日(金)(5泊6日)までを中学生(38名)、8月8日(月)~8月11日(木)(3泊4日)までを小学生(40名)2班に分けて京都府全域で行なわれました。
京都東ロータリークラブは、その中でも京都大学関連事業として(8月1日、9日)計2日間、花山天文台で行なわれた天体観測並びにバーベキューのお手伝いをいたしました。今回は急な企画であったため、京都府の予算処置ができず、京都東ロータリーとしてはバーベキューの財政的な支援も行いました。 また、鈴鹿会員の協力を得、京土産として八ツ橋を渡しました。

京・体験プロジェクト京・体験プロジェクト 最初は表情が硬かった子どもたちも、食事が進むに連れて和やかな雰囲気になり、夕食後の懇親会では、スイカ割りや花火など行い、福島のこどもたちと京都大学の職員、京都東ロータリークラブの会員皆で交流を深めることができました。また、時折みせる子供たちの無邪気な笑顔にはこちらが癒されました。
子どもたちからも、「楽しかった」「新しい友達ができた」「貴重な経験をさせていただきありがとうございました」「気分転換になりました」など、喜びの声を聞くことができました。今回の事業が子供達の心の灯となれば幸いです。
結びとなりましたが、このような機会をいただいた京都大学の大野館長と、ご参加いただいた京都東ロータリークラブの皆さまに御礼申しあげますと共に、東日本大震災により被災された全ての方々が、一日も速く元気で明るく生活できる日が来ますことを心より祈念いたします。

2009年~(平成21年)

上半期の事業報告 “こんな事をさせてもらいました”

広報委員会

京都東ロータリークラブは7月~12月の上半期に於いて各奉仕委員会が独自の奉仕プログラムを進めて実行されて来ましたが、ここでは主として対外的な奉仕活動をご紹介させて戴きます。

ミャンマーへの車椅子寄贈

社会奉仕委員会 委員長 桃井真也

1985年以来国際ロータリーが取り組み、20億人以上に経口ワクチンを接種してきたポリオプラスプログラムもポリオ撲滅まであとわずかのとことまでたどりついているのが現状です。本事業はポリオ後遺症に焦点をあて、肢体不自由で日々の通学、通勤など移動に悩む人々の助けになるよう車椅子を寄贈いたしました。ポリオ後遺症で歩行等が困難な人々は近隣に移動するにも健常者の数倍の時間を要していたのが車椅子によりかなりの軽減が見込め、通学、通勤などが容易になり積極的な社会参加につながる成果が期待できます。
贈呈式は2009年11月3日、国立リハビリテーション病院において、ミャンマー保健省副長官Dr,YeHtut、ヤンゴン総合病院院長Dr,NuNuYha、両氏を始め双方合わせて30名の出席で行いました。栃岡会長より車椅子贈呈への思いと経緯が述べられ、YeHtut副長官からは日本からNGOを通して多くの援助や共同事業が行われている現状と京都東ロータリークラブからの車椅子寄贈に対しての感謝と車椅子はヤンゴン総合病院とリハビリテーション病院で目的どおりポストポリオで悩む人たちの社会復帰に役立てられるとスピーチされ、日本に対する更なる期待感を感じました。

ミャンマーへの車椅子寄贈

  • ミャンマーへの車椅子寄贈
  • ミャンマーへの車椅子寄贈
  • ミャンマーへの車椅子寄贈
  • ミャンマーへの車椅子寄贈
  • ミャンマーへの車椅子寄贈
  • ミャンマーへの車椅子寄贈

奉仕活動紹介

例会終了後、会員、家族、留学生の参加を得て行いました、国際奉仕フォーラムをご紹介致します(11月13日実施)。
テーマは(温室効果ガス25%削減を掲げた新政権を意識したわけではありませんが)京都にフィールドを持つ当クラブならではとの思いから、エコライフに役立ち、暮らしの知恵と、日本の文化を象徴する「風呂敷」を取り上げ、京都の老舗企業宮井(株)の久保村正高常務理事の講演と実践による、会員と留学生が交流する場と致しました。

その内容は、
第一部:「講演」風呂敷のある暮らし、その歴史と文化

  • なぜ風呂敷というのか?
  • 世界各地の風呂敷~日本だけの物ではない
  • 歴史~正倉院蔵の収納専用包
  • 素材~正絹、綿、合成繊維他
  • サイズ~一幅、二幅、三幅(着物の幅が基準)

「包む」ことの意味は物を大切にし、心をこめて扱うということであり、「包」という字は、お母さんのお腹の中に赤ちゃんがいる状態を表したもので、大切な赤ちゃんをお母さんの体でやさしく、つつみ込んでいる様子。だから「包む」という作法には日本人のもてなす心が込められ、感謝、敬意を示している。

第二部:風呂敷の包み方、使い方

  • 基本の包み~「平包み」からスタート、これには右包み(慶事)、左包み(弔事)があること
  • 「お使い包み」~箱を使って最も一般的に用いられる包み方を教わる。中央の真結びがポイント
  • 次に「ふたつ結び」~包めそうにない長い物や幅のある物の包み方
  • 空ビール瓶を使った「ワイン包み」は、タック部分をフリル風に広げるところで出来栄えに大きな差が生じる
  • スイカ包み、シンプルバッグ、バスケット包みと次々と新手に挑戦する頃には、いつの間にか会場は熱気に包まれ、宮井(株)のスタッフ三名も各テーブルからの「ヘルプ」コールに指導に飛び回る状況

1時間半弱で終了。
留学生の感想は、「大変楽しかった」、「風呂敷の変幻自在さはすごい」、「もっと聞きたかったし、やりたかった」、「風呂敷の素晴らしさが良くわかった」、「風呂敷をプレゼントしてもらって本当に嬉しい、大事にします」ということで日本文化の一端に触れ、持ち帰った風呂敷を小さく畳んで鞄に常備し、エコバッグの元祖として活用してもらうことを願って幕と致しました。

  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動
  • 奉仕活動

京都東ロータリークラブ事務局

〒604-8005
京都市中京区姉小路通河原町東入ル
ABSビル3F
TEL : 075-256-1991
FAX : 075-256-1990

メールでお問い合わせ

定例会

毎週金曜日 12:30~13:30

会場:ウェスティン都ホテル京都MAP »

My ROTARY
  • 国際ロータリーのテーマ

    インスピレーションになろう
  • 第2650地区スローガン

    ロータリーを学び、実践し、発信しよう;Enjoy Rotary
Copyright©ROTARY CLUB OF KYOTO-EAST. All Rights Reserved.

ページの先頭へ